売却相談とは

 「ご存知のこととは思いますが、放置すると競売に!手遅れになる前にご相談ください」


住宅ローンを滞納し続けると、やがて金融機関は競売の手続きを開始します。
競売になるとほとんどの場合、売却額だけではローン残債に満たないため、足りない分はそのまま残債として残ります。結局、マイホームを失った上に借金だけが残ることになるのはご存知のところ。

また、マイホームを失うので、次に住む場所を決めなければなりません。当然のことながら入居費用なども必要になるため、ローン残債以外の支払いに苦しむことになります。さらに、競売となると競売情報として掲載されてしまうため、世間にもその事実が知れ渡ってしまいます。
住宅ローンの返済が滞り始めてから、一定の期間を経て競売開始となります。入札が始まってしまってからでは手遅れですので、住宅ローンの返済にお困りで不動産資産をお持ちの相談者がいらっしゃいましたらできるだけ早く当社にご相談ください。

競売にかかる前なら「任意売却」という手が一番です。
当社は不動産売却のプロとして豊富な経験やノウハウを有しています。ご相談者の皆様に最も有利な形で売却できるよう取り組んでおりますので、安心してお任せください。
詳しくはお気軽にご相談ください。


【任意売却とは】
任意売却は、債権が売却価格を上回る場合に、債務者主導で債権回収を目的として売却を目指します。
売買契約書にハンコを押すのは不動産財務社である持ち主のであるあなたです。
競売ではなく「任意売却」で次へのステップへ。


【競売と任意売却の違い】

詳細はご相談時にお伝えしますが大まかに以下の違いがあります
競売/持ち主の都合に関係なく「裁判所」の指示のもと入札形式で売却されまする為、売却価格は未定
任意売却/持ち主の都合も考慮して売却価格を設定。資産を残す事も可能な場合もある。


「価格はどうして決まるのか?」
不動産の価格には、実勢価格、公示価格・基準地標準価格、相続税評価額、固定資産税評価額など、それぞれの目的に応じてさまざまな価格があります。このうち実勢価格以外は、それぞれ評価担当者がいて各評価基準等に従って価格を算出していますが、実勢価格はこれと異なり一般の売主と買主とで合意した価格等から導かれるものといえます。

 ■不動産の主な価格の種類

不動産の価格は、理論的にはその不動産を作るために要した費用(建物など)、周辺で取引されている不動産の価格、その不動産が今後生み出すであろう収益(賃貸アパートなどの収益用不動産)などを要因として形成されます。これに、売主・買主の個別事情(売急ぎや買急ぎなど)が反映されるわけですが、任意売却など急ぎの個別事情がある場合は、よりスピーディーに価格を評価する必要が有ります。

不動産を市場で売りに出すにあたっては、いくらで売りに出すかというその販売(売出)価格を決めなければなりません。売主はなるべく高く売れることを望みますし、買主はなるべく安く買えることを望みます。その交渉のなかでお互いの合意により価格が形成されるわけです。
不動産業者に媒介を依頼して取引をする場合は、これらの要因を考慮して販売価格を判定しますので、通常の場合は市場価格にあった価格をつけることになります。任意売却など、売り急ぐ場合は市場価格よりの安価に売却される例が多いですが、債務者にとってはより市場価格に近い価格を望まれることと思います。
市場価格より異常に安く物件を売却してしまうなど、不動産取引で失敗しないためには、その不動産の適正価格を導き出す必要があります。

【売却価格の調査】

「あらゆる視点から物件を調査し、調査価格と周辺市場、相場を考慮し売却価格を査定します」
売却価格を査定する前に、土地・建物について様々な調査を実施します。
物件の調査を行わず売買が成立した場合、万が一、品質に不備があると、売主様に責任を求められる場合があります。リスク回避のためにも、物件の確実な調査が必要です。

■主な物件調査
(1)現地調査・・・・・・道路幅、周辺環境、建物の状況確認など
(2)法務局調査・・・・・公図・登記簿謄本などの内容確認
(3)役所調査・・・・・・用途地域・建築制限などの調査、建築基準法の道路の種類・条例届出内容確認など
(4)インフラ調査・・・・・水道・電力・ガス・電話などの設備状況調査
(5)ヒアリング調査・・・・売主様から物件に関するヒアリング

各種物件調査を踏まえて、周辺の取引事例、不動産市場の動向を考慮して査定価格を算出します。
査定価格を踏まえて、売主様のご希望価格と調整のうえ、ご納得いただける売却価格を決定します

 ■無料査定サービス
売却をするか否か判断するための概算評価額を無料査定いたします。過去の取引事例や公示価格、鑑定評価システムを利用した調査、周辺協力会社へのヒアリングなどを行い査定いたします。
現地調査を省略するため、概算になりますが、迅速に評価額を知ることができます。

 不動産売却の流れ
「家を売りたいけど何から始めれば良いの?家の売却や査定はどんな段取りで進めばスムーズ?そのような不動産の売却や査定に関する疑問をわかりやすくご説明しています。

step1/売却のご相談と調査・査定  

step2/媒介契約の締結
step3/売却活動の開始
step4/不動産売買契約の締結
step5/物件の引き渡し
step6/残代金の受領と引き渡し

 

 


早期売却への近道はの不動産売却活動が重要です。当社の主な販売活動をご紹介します。
1.ホームページへの掲載
2.人気の不動産サイトへの掲載
  Yahoo!不動産やSUUMO、at home(アットホーム)など人気の不動産サイトへも掲載します。
  ※各サイトの仕様により掲載されない場合があります。
3.新聞折込広告・ポスティング広告の実施
4.近隣エリアなど、購入検討の方が多くいらっしゃるエリアへの広告活動を実施します。
5.オープンハウス(現地内覧会)の開催

インターネットでの物件探しが主流であり、ネット広告が一番有効な広告活動ですが、現地販売会など豊富な実績を積んだ当社なら有効な現地販売もかなり有効な販売活動が行えます。

 

 

<<戻る